「介護が必要になっても、住み慣れた地域で暮らしたい」

-そうした気持ちを大切にするためには、地域社会が高齢者本人やその家族を支援していくことが重要です。

住民主体の地域活動について考える機会となるよう、「サポーティア講演会」を開催します。

講師には、特別養護老人ホーム朝老園ひさみつの施設長 岡由紀子さんを招き、「ボランティアポイント制度を活用した地域活動のすすめ」と題して講演いただきます。

参加は無料です。皆様のご参加をお待ちしております。

 

講演テーマ

「ボランティアポイント制度を活用した地域活動のすすめ」

講師

特別養護老人ホーム朝老園ひさみつ

施設長 岡 由紀子 さん

西九州大学社会福祉学科を始め、聖マリア学院医療福祉専門学校教務主任として開設より勤務、退任後も聖マリア学院大学、久留米大学、久留米信愛女学院短期大学等の非常勤講師として教師歴約40年。平成22年よりケアハウスメゾンマリア施設長、平成29年4月より、特別養護老人ホーム朝老園ひさみつの施設長として着任。認知症キャラバンメイト、認知症予防ファシリテーターとして、地域における認知症への理解を深めるための活動を実践中。

日時

平成29年12月7日(木)14:00~15:30

会場

ドゥイング三日月

小城市三日月町神田1845