今年は「マスク熱中症」にも気を付けたい!

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため「新しい生活様式」を実践することが求められています。
 このようななか、夏に向けて熱中症の注意が呼びかけられています。

 熱中症予防行動について、厚生労働省と環境省において資料を作成されています。

(1) マスクの着用について
 高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
 また、マスク着用時は、喉の湿度が保たれ喉の渇きが感じにくくなるとも言われています。喉が渇いていなくても定期的な水分補給を心がけてください。

(2) エアコンの使用について
 冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

(3) 涼しい場所への移動について
 少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

(4) 日頃の健康管理について
 「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをしましょう。日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。

詳しくはこちらをご覧ください。


  令和2年度の熱中症予防行動(リーフレット)

 

 

 

 

 

 

前の記事

夏のはじまり