ゆめさが大学大学院では、選択講座を実施しています。

「健康コース」「歴史コース」「陶芸コース」の3つの中から選ぶことができます。

この日は、健康コースの調理実習。

近所スーパーで揃う材料を使って、薬膳料理に挑戦しました。

挑戦したのは、「とうもろこしごはん」、「もずくの卵スープ」、「エビと枝豆の春巻き」、「ひじきとお豆のサラダ」の4品。

「ひじきは、熱を冷ます、血を補う、髪に栄養を与える」など、それぞれの食材の説明を受けながら調理を進めました。

季節の素材をふんだんに使った料理ばかりで、とうもろこしごはんには、なんと「ひげ」まで入れて炊き込むという「薬膳」ならではの調理法も。

身体にいいばかりではなく、とてもおいしかったと大変好評でした。

午後は講義で、薬膳の考え方などその基本から学習しました。

大学院選択講座「健康コース」。次回は発酵食品を学び、味噌づくりに取り組みます。