佐賀県シニアアートフェスタ2019~第14回佐賀県高齢者美術展~が始まりました。

県内のシニアの作品を一同に集めて開催する本展は14回目の開催を迎え、「シニアアートフェスタ」へ改称しました。 創作に対して意欲的で活動的な シニアの皆様の展覧会を目指しており、施設の作品部門を含む7部門に、県内から165点の作品が寄せられました。
出品者の中には90歳以上の方が9名。なかでも最高齢者は102歳の長尾フサさんです。書の部に出品された作品は 「令和」の二文字。 新しい時代への意気込みも感じさせる力強い作品です。

オープニングの7月4日には、表彰式を行い、知事賞ほか各賞の授与を行いました。
主催者の佐賀県長寿社会振興財団理事長、鍋島恵美子からは、あいさつの中で、審査会での審査員の言葉を紹介。「 新しいことへの挑戦が感じられる、創作する熱意の高い作品ばかりだった」と出品者全員の作品を讃えました。

佐賀県シニアアートフェスタ2019は、開催中です。
皆様お誘い合わせの上、 是非ご来場下さい。

7月4日(木)~7月7日(日)
9時30分から18時00時(最終日16時00分まで)
佐賀県立美術館 3号展示室、4号展示室