シニアの社会活動を目指す生涯学習講座「ゆめさが大学」の卒業生12人が、唐津地方に伝わる代表的民話「かんね」を劇に仕立てて披露します。

この卒業生のみなさんは、在学中、学校祭で「かんね劇」を始めました。

卒業後は、高齢者福祉施設などを訪問し、「かんね劇」を披露。好評を博してきました。

今回、地域文化の伝承を願う放課後児童クラブから「かんね劇」のリクエストがあり、ゆめさが大学の卒業生がその舞台に立つことになりました。

シニアが演じる「かんね劇」は、子供たちの心に何を残すでしょうか。

1 日 時

平成30年 8月1日(水)13時30分~14時30分

2 活動場所

西唐津小学校 体育館

唐津市二タ子2丁目6−120

TEL 0955-72-3165

3 出 演 者

「中村哲夫とその仲間たち」12名

代表 中村哲夫・ゆめさが大学2期生(2015年卒業)

4 子供たち

西唐津小学校(1年生~6年生) 約50名

5 演  目

・かんね劇-「鼻水の飯」「甘酒」「味噌漬け」

・絵本の読み聞かせ

・合唱(子供たちも一緒に) ほか