ゆめさが大学は、平成3年に佐賀県高齢者大学として開校し、令和2年に30周年の節目の年を迎えます。大学の認知度をさらに高めるとともに、学生の一体感を醸成するため、令和元年ゆめさが大学の在校生一同から原案を募集し、校章・校歌を作成しました。

1.校章

校章

校旗

〇 デザインの由来

・友禅菊の花言葉には、「若者に負けない元気」などがあり、花の丸い形はゆめさが大学で出会う人の輪を表現し、花びらのピンクの色は若々しさを表現しています。また、菊の葉を人に見立てて、人々の交流を表しています。 

・校旗は背景にイシンブルーを使用。未来や誠実を表現するとともに、幕末維新の日本の近代化を支えた佐賀藩が海外に目を向けていたことなどにちなみ、海をイメージした色です。

原案作者 福田幸男(ゆめさが大学 第8期生唐津校)
選定者 令和元年ゆめさが大学在校生一同
デザイナー 山田芳郎(design446)

2.校歌

校歌のダウンロードは、こちらをクリック(MP3形式)
作詞 大坪賢二(ゆめさが大学第9期生佐賀校1組)
令和元年ゆめさが大学在校生一同
編詞 稲田繁生(ゆめさが大学講師、伊万里学園理事)
作曲 橋本正昭(佐賀大学教育学部 教授)